「弱虫ペダル」~気になる部分もありますが...

投稿日:

小野田坂道はアニメを愛するオタク少年。

弱虫ペダル

小学校の時から秋葉原に自転車で通ったおかげで恐るべき足腰になり、ほかの人よりも早く自転車で走れる。

特に坂道は得意でどんな坂でも楽々登れる。

そんな小野田坂道はある日、自転車競技部の今泉、鳴子と出会い、自転車競技の魅力に取りつかれアニメ研究部ではなく、自転車競技部に入る、というお話。

このアニメが始まってから、気のせいか競技自転車で走る人が増えたような気がします。

自転車競技ってあまりメジャーなスポーツではなかったはずなんですよね。

でも誰でも何処でも乗れる便利な乗り物だし、確かに楽しいだろうし、競技としても興味深いです。

見所はやはりインターハイのロードレース、箱根駅伝と同じコースを走るらしい。

出場できるのは各校から選ばれた6人で、それぞれの役割があって、スプリンターはスプリンター同士で決められた距離競い合って、勝った学校がトップを走る権利を得る。

クライマーも同じことで山岳リザルトで競って勝った学校がトップを走れる権利を得るなど、今まで知らなかった競技のルールが見れるのが新鮮です。

でも、人気のキャラクターは主役のいる総北高校ではなくて箱根学園側。(まんだらけでも箱根学園の東堂はかなりの人気キャラで同人誌は彼ばっかり)

かなり真面目なストーリーなのに、主役の小野田坂道があまりに強すぎるのがこの物語の欠点。

自転車競技経験初心者なのに、レースの途中でコケてどん尻になっておきながら、100人抜いて仲間の元にたどり着く。

次の日には、先輩の田所が体調不良で早く走れないのを知って小野田坂道が迎えに行き、アニメの歌で気分をまぎらわしながら走っていると、またもや何十人を抜いていく、すごい力走をやり遂げるなどちょっとありえないほどの走り。

総北のチームメンバーの今泉、鳴子は坂道のよき友でライバルですが、最初一年生の中でこの3人でインターハイメンバーの座を争うのか、と思ったら、1、2年生の中で3人選ばれるので3人ともメンバーに入ったのはいいけど、その後の今泉、鳴子の坂道への仲間意識が強すぎて、正直寒かったです。

特に鳴子など、坂道がこけたり、遅れたりしたら、相手が上級生であろうと「小野田君を見捨てるんですか~!」と詰め寄るシーンがありすぎ!

自転車競技は、最終的にチームのエースをトップに運ぶためにチームメンバーはそれぞれの役割をこなし、必要とあれば、見捨てられるコマとなるのが常識なのに、上級生が見捨てることを攻める鳴子がうざくてしょうがないです。

しかし、巷では大人気で、ミュージカルにまでなっています、どうやっても坂道が勝つ運びになりそうなので、ちょっとトーンダウンですが、気になる部分を除けば文句無く面白い。